前へ
次へ

家庭教師のレベルによって金額が異なる

学校以外の教育サービスとして塾や予備校などがあり、利用するときはコースに入ります。
ではそれぞれのコースの料金はどうなっているかですが、週の授業の量が同じであればどのコースでも料金が同じに設定されていることがあります。
予備校などでも難関大学進学コースなどは高くなっているときはありますが、その他はどのコースでも大体同じ金額で利用できたりします。
先生やテキストの内容が料金に影響するわけではないようです。
家庭教師を利用する時には料金がかかりますが、家庭教師を派遣してくれる会社によって料金設定が変わります。
大学生のみを派遣するところだと、大体同じ金額に設定されることが多いです。
一方プロを登録しているところは実績によって金額が変わります。
家庭教師としての経歴が長かったり、難関学校への進学に何回も携わっている先生は高めに設定されています。
逆に若くてあまり経験のない先生などは比較的安く利用することができます。

Page Top